物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ネストロジ、難病抱えトラ模型製作 伊藤さんと雇用契約

物流企業

2015/10/01 0:00

 【広島】ネストロジスティクス(迫慎二社長、広島市東区)は9月18日に広島県庁で行われた秋の交通安全運動開始式で、障がいを抱えながらトラックの模型を製作している伊藤輝政さん(40)の作品を展示し、同運動への協力を呼び掛けた。(矢野孝明)  伊藤さんは生まれつき心臓に難病を持ち、ほとんどの時間を自室で過ごしてきた。トラックの製作を始めたのは幼少期で、工作用紙やアルミホイル、ストローなどを原料に、実物の40分の1の大きさで精密に再現。これまでに700個以上を完成させている。  同社のドライバーが伊藤さん宅に家具を配送した際、その作品に魅了されたのがきっかけとなり、迫社長も共感。5月28日に開催された広島県トラック協会(小丸成洋会長)の総会でも、会場に展示コーナーを設けて紹介した。  更に同社は、9月1日付で伊藤さんと正式に雇用契約を締結。模型の製作と公開を通じて、交通安全を呼び掛ける活動を共に推進する方針で、今回も広ト協を介して広島県警察本部に働き掛け、出展の運びとなった。  開始式には、県職員や警察関係者のほか、地元の幼稚園児や保護者など一般市民も参加。式の合間に展示コーナーに足を運び、完成度の高さと温かみのある作風に見入っていた。 【写真=実際のトラックを精密に再現した模型を眺める見学者】





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap