物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

札ト協トラ日、絵本を読み聞かせ トラックへの理解広める

団体

2015/09/28 0:00

 【北海道】札幌地区トラック協会(奈良幹男会長)は13日、トラックの日のイベントとして、アリオ札幌で「チビッコあつまれ!読み聞かせ広場」を開いた屋内での絵本の読み聞かせやパネル展示のほか、屋外ではトラックの運転席試乗、ウイング車の荷台ではミュージシャンによるコンサートなども実施。未就学児童や小学生らにイベントを通してトラックへの理解を広めた。  オープニングセレモニーで、梶浦民夫総務委員長が「我々は衣食住に関わる、あらゆる物をトラックで運び、自然災害発生時などは緊急物資輸送を行うなど、様々な形で生活を支えている。更に、市内の小学校で交通安全教室を開くなど、安全啓発活動にも積極的に取り組んでいる。イベントを通して、業界を一層理解していただき、引き続きご支援いただければうれしい」とあいさつ。  女性部会(垂石勝美部会長)や札幌東支部(松橋謙一支部長)も協力し、子供たちを会場に案内。読み聞かせは、1ステージ30分で計4回行い、青年部会(相沢雅樹部会長)のメンバーがトラック運転者のシロクマ、ランディーを主人公とした絵本のシリーズ最新作「ランディーとまほうのもり」を朗読した。更に、原作者で作家の、そらさんとランディー本人も特別出演し、子供たちと一緒に歌遊びをして会場を盛り上げた。  また、屋内ではトラックの種類や役割、トラック協会の活動などを写真パネルで紹介。読み聞かせの合間には、ウイング車をステージにし、2組のミュージシャンがコンサートを開催した。トラック運転席の試乗体験コーナーにも行列ができるなど、絵本や音楽と共に楽しみながらトラックをより身近に感じられるよう趣向を凝らした。(北原進之輔) 【写真=青年部会メンバーが絵本を朗読】





本紙ピックアップ

T2/自動運転トラック幹線輸送サービス、沼津-浜松でレベル2実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)は、2025年7月の自動運転トラックを用いた幹線輸送サービスの開始を目指し、新東名高速道路・駿河湾沼津サービスエリア(SA)―浜松SAでレベル2(特定条件下で…

アルプスウェイ、オリジナルキャラ「らん」を8台に施工

 アルプスウェイ(田村裕章社長、長野県松本市)は新たにオリジナルキャラクター「らん」を車両のボディーに施した。3日に披露したもので、同市出身で米アカデミー視覚効果賞を受賞した映画監督、山崎貴氏によるデザイン。松本センター…

能登地震/初動対応検証、物流業者と連携促進

 政府が10日開催した能登半島地震の復旧・復興支援本部(岸田文雄本部長、首相)で、関係省庁からなる初動対応の検証チームが検証結果を報告した。物資調達に関しては、ラストマイルまで被災者が希望する物資が届かなかったといった声…

コア、各種点呼をひとまとめに

 ソーシャル・ソリューションメーカーを企業理念に掲げるコアは、対面、電話、遠隔、IT(情報技術)、業務後自動点呼をひとまとめにし、一つのライセンスで提供するクラウドシステムで運送事業者の負担軽減、業務効率の向上に貢献して…

オススメ記事

T2/自動運転トラック幹線輸送サービス、沼津-浜松でレベル2実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)は、2025年7月の自動運転トラックを用いた幹線輸送サービスの開始を目指し、新東名高速道路・駿河湾沼津サービスエリア(SA)―浜松SAでレベル2(特定条件下で…

アルプスウェイ、オリジナルキャラ「らん」を8台に施工

 アルプスウェイ(田村裕章社長、長野県松本市)は新たにオリジナルキャラクター「らん」を車両のボディーに施した。3日に披露したもので、同市出身で米アカデミー視覚効果賞を受賞した映画監督、山崎貴氏によるデザイン。松本センター…

能登地震/初動対応検証、物流業者と連携促進

 政府が10日開催した能登半島地震の復旧・復興支援本部(岸田文雄本部長、首相)で、関係省庁からなる初動対応の検証チームが検証結果を報告した。物資調達に関しては、ラストマイルまで被災者が希望する物資が届かなかったといった声…

コア、各種点呼をひとまとめに

 ソーシャル・ソリューションメーカーを企業理念に掲げるコアは、対面、電話、遠隔、IT(情報技術)、業務後自動点呼をひとまとめにし、一つのライセンスで提供するクラウドシステムで運送事業者の負担軽減、業務効率の向上に貢献して…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap