物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

苫小牧沖フェリー火災、冷凍車3台廃車 札幌定温 「お手上げ状態」

物流企業

2015/09/14 0:00

 「3台の冷凍車は廃車となり、積んでいた荷物の弁償金8千万円はとりあえず立て替えへ」――。北海道苫小牧沖で発生した大型フェリー「さんふらわあだいせつ」(商船三井フェリー所有)の火災事故で被害のあった札幌定温運輸(伊藤邦博社長、札幌市西区)では、事故の対応に繁忙期が重なり、お手上げ状態となっている。(那須野ゆみ)  室蘭港にえい航されてようやく鎮火したフェリーから、トラックやシャシーが降ろされたのは8月17日。フェリー会社から連絡を受けた同社は、すぐに担当者を派遣し、確認した。  担当者からの報告によると、「荷台の扉を開けたら腐敗臭がすごかった」らしいが、「写真だけを見ると、箱詰めされた冷凍品は何事も無かったかのようだった」(伊藤社長、62)。  冷凍車を修理して使用できるかどうかディーラーに見てもらったが、「消火に当たって塩水をかぶっており、修理してどの程度走行できるか保証できない」と言われた。やむなく3台のトラックは「廃車」とし、新車3台を発注したものの、「納車は来年2月か3月になる」という。  火災後、ドライバーには自宅待機してもらっている。3台のほかにも、長い付き合いだった傭車先のトラックも焼け、「荷物を運ぶのに苦労している」。  伊藤社長は「繁忙期を控え、お手上げ状態。今のところは荷主の理解もあって何とかやり繰りしているが、それも限界にきている。窮余の策として、廃車にしようとしていたトラックを使って乗り切るしかない」考えだ。腐敗した冷凍品およそ77トンは、フェリー会社が廃棄処分してくれた。しかし、荷主に支払う「預かり貨物の弁償金」約8千万円は、本来の請求先がまだ明らかになっていない。このため、9月末にとりあえず立て替え払いするが、いつ、どこから、いくら返済されるのか、見通しは立っていない。 【写真=火災事故に巻き込まれて、車体が焦げた冷凍車】





本紙ピックアップ

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

オススメ記事

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap