物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

千ト協ドラコン、渡辺選手ら優勝 精鋭27人が熱戦

団体

2015/08/10 0:00

  【千葉】千葉県トラック協会が7月25日開いた全国トラックドライバーコンテスト千葉県大会で、渡辺貴夫(41、11トン部門、日通千葉貨物運送茜浜営業所)斎藤光芳(30、4トン部門、日本通運千葉中央支店)、刈茂義国(38、トレーラ部門、日通佐倉運輸ナイキCSC事業所)、南ひとみ(44、ヤマト運輸千葉主管支店千葉ベース店)の各選手が優勝した。  開会に先立ち、栁澤隆善副会長と西川茂雄専務があいさつし、中山大輔選手(日通船橋支店)が宣誓。精鋭27人が出場し、運転技能と日常点検の実科、法規や構造などの学科の2科目で熱戦を繰り広げた。  表彰式には、各社から応援団が駆け付け、入賞者の氏名が読み上げられると、大きな歓声が湧き起こった。  表彰式の後、西郷会長は「公道を利用している運送事業者として、マナーを守る能力を身に着けることがコンテストの趣旨。参加者は、今日の経験を事業所に戻って社内で広め、交通事故撲滅につなげて欲しい」と述べた。  千葉運輸支局の斎藤隆支局長も「安全運転をするのも、事故を起こすのも全て人の手に掛かっている。整備点検を行い、安全な運行に努めて欲しい」と呼び掛けた。  〈11トン〉準優勝=斎藤良(日通千葉南支店)▽3位=森田貴史(日通千葉東支店)  〈4トン〉準優勝=海老沢正泰(日通千葉警送支店)▽3位=中山大輔(日通船橋支店)  〈トレーラ〉準優勝=田畑俊輔(センコー千葉支店車両センター)▽3位=斎藤栄治(日本梱包運輸倉庫八千代営業所)(高橋和平) 【写真=日常点検の実科に挑戦】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap