物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

三交協、力作102点を審査 飲酒運転防止よびかけ

団体

2015/08/03 0:00

 【三重】三重県交通共済協同組合(水谷憲司理事長)は7月23日、トラック交通安全児童画コンクールの審査会を開いた。組合員から102点の応募があり、正副理事長らが審査した。  事故防止対策委員会の伊井雅春委員長が「たくさんの力作が集まった。いろいろな観点から作品を見た上で、厳正な審査をお願いしたい」とあいさつ。  審査は幼児、小学校低学年、高学年の3部門で実施した。ドライバーに飲酒運転防止、携帯電話使用禁止、シートベルト着用などを呼び掛ける作品から、歩行者に飛び出しの注意喚起を行うものまで、交通事故防止をテーマにした力作が出品された。各部門1点、計3点の最優秀作品を決定し、優秀賞8点と優良賞10点を選んだ。  最優秀賞は、幼児の部が長野紗来ちゃん(3)、低学年の部は館海杜くん(1年生)、高学年の部では柏木斗羽さん(6年生)がそれぞれ受賞。  全ての応募作品は、全国トラック交通共済協同組合連合会(坂本克己会長)が主催する交通安全絵画コンクールに出品されるが、三交協の独自審査は、今年で6回目。  伊井氏は「毎回異なる傾向が作品に表れるので面白い。今回は、飛び出し、飲酒運転などの題材が目立ち、画用紙いっぱいに伸び伸びと描いた作品も多かった。来年以降、より多くの組合員に出品してもらえるよう、募集期間などを見直すとともに、PR活動を強化したい」と話した。(星野誠) 【写真=高学年の部で最優秀賞になった柏木斗羽さんの作品】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap