物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

サカエ商事/倉庫竣工祝賀会、20年来の構想実現

物流企業

2015/07/30 0:00

 【栃木】サカエ商事(村田正栄社長、栃木県足利市)は18日、3月に営業を開始した冷凍冷蔵倉庫の竣工披露祝賀会を開催した。祝賀会に先立って内覧会を開き、県南地域で唯一となる冷凍・冷蔵・常温の三温度帯大型倉庫を披露した。  新拠点は北関東自動車道・佐野田沼インターチェンジ(IC)近くの佐野田沼インター産業団地(佐野市)に開設した、佐野営業所(同)内にある。敷地面積は1万3200平方メートル。第一期工事として敷地9900平方メートル部分に、延べ床面積4300平方メートルの倉庫と、2階建て延べ床面積130平方メートルの事務棟を設置した。二期工事では、残る3300平方メートル部分に流通加工施設などを増設する。  内覧会では、セ氏5度に保たれた330平方メートルのピッキングルームとつながった冷凍・冷蔵倉庫やドックレーンの庫内設備を披露。  祝賀会で、村田社長は「県南に大型冷凍冷蔵倉庫を設け、安全安心の食品流通を実現する構想を20年以上温めてきたが、ようやく実現できた。現工業団地で開設するまでに3年かけた。皆さんの協力無しに構想は実現できなかった」とあいさつした。  栃木県トラック協会の笠原秀人会長のほか、佐野市の岡部正英市長や、自民党の茂木敏充選挙対策委員長が祝辞を述べた。茂木氏は「村田社長と自分は学生時代を共に過ごした仲。こうした場に参加するのは本当に感慨深い。景気対策の効果が少しずつ現れ、有効求人倍率が上昇。佐野市ではインランドポート構想も進んでいる。景気高揚に向け、まい進して欲しい」と呼び掛けた。  村田正徳専務は「長年の夢だった倉庫が完成した。自分の仕事は事業を継承していくことだ」と述べ、更なる業務拡大を誓った。(佐々木健) 【写真=三温度帯大型倉庫を披露するとともに、更なる業務拡大を誓う】





本紙ピックアップ

高速道路/深夜割引、適用時間の走行分のみ

 東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は12日、新たな高速道路通行料金の深夜割引について、2024年度末に運用を開始する、と発表した。また、入り口・出口料金所や本線上に設置したETC無線通信専用アンテナな…

国交省/特車通行確認制度、対象経路・車種を拡大

 国土交通省は、「特車通行確認制度」の更なる利便性向上に向け、利用できる経路・車両を拡大するなど更なる改善に取り組む。トラックの大型化などに対応するため、特殊車両通行制度の見直しなどを行い、2022年度から同制度をスター…

北修社長の永山修氏、親子二人三脚で夢つかむ

 26日に開幕するパリ五輪に、北修(北海道美唄市)の永山修社長(50)の長男、永山竜樹さん(28)が柔道男子60キロ級に日本代表として出場する。2021年の東京五輪出場の代表争いで涙をのんだ竜樹さんを支え続けてきた永山社…

直販配送、スマートグラスで効率⤴

 雪印メグミルクグループの直販配送(倉持裕司社長、東京都新宿区)はスマートグラスを用いたデジタルピッキングシステムで作業効率を向上させている。眼鏡のようなウェアラブル端末に仕分け情報を投影、ハンズフリーで生産性を高めた。…

オススメ記事

高速道路/深夜割引、適用時間の走行分のみ

 東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は12日、新たな高速道路通行料金の深夜割引について、2024年度末に運用を開始する、と発表した。また、入り口・出口料金所や本線上に設置したETC無線通信専用アンテナな…

国交省/特車通行確認制度、対象経路・車種を拡大

 国土交通省は、「特車通行確認制度」の更なる利便性向上に向け、利用できる経路・車両を拡大するなど更なる改善に取り組む。トラックの大型化などに対応するため、特殊車両通行制度の見直しなどを行い、2022年度から同制度をスター…

北修社長の永山修氏、親子二人三脚で夢つかむ

 26日に開幕するパリ五輪に、北修(北海道美唄市)の永山修社長(50)の長男、永山竜樹さん(28)が柔道男子60キロ級に日本代表として出場する。2021年の東京五輪出場の代表争いで涙をのんだ竜樹さんを支え続けてきた永山社…

直販配送、スマートグラスで効率⤴

 雪印メグミルクグループの直販配送(倉持裕司社長、東京都新宿区)はスマートグラスを用いたデジタルピッキングシステムで作業効率を向上させている。眼鏡のようなウェアラブル端末に仕分け情報を投影、ハンズフリーで生産性を高めた。…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap