物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

和束運輸、マルコーエキスを買収

物流企業

2015/07/02 0:00

 和束運輸(杉本哲也社長、京都府木津川市)は6月22日付で、マルコーエキスプレス(進藤敬之社長、京田辺市)と滋賀丸工運送(同社長、滋賀県湖南市)をM&A(合併・買収)した。買収額は公表していない。事業継承で悩んでいたマルコーエキスと事業領域拡大を検討していた和束運輸の思惑が一致。これまで培ってきた幹線輸送のノウハウに加え、チルド輸送や重量物運搬、据え付けといったサービスも展開することにより、新規荷主の開拓や既存取引の深耕につなげる。(落合涼二)  マルコーエキスは1981年4月、丸工自動車運送(木原泰博社長、京都市南区)のグループ会社として創業し、重量物運搬をはじめ、倉庫、包材販売などを手掛けている。ホームページによると、従業員数75人で、大型ウイング車や大型平ボディー車、ユニック車、冷蔵車など計64台を所有。2014年10月期の売上高は5億5千万円で、滋賀丸工と合わせた売上高は7億円。  和束運輸は1957年1月に設立。2015年1月時点の従業員数が181人。2トン車、4トン車、10トン車、トレーラ合わせて128台を保有し、一般貸切自動車運送事業として小型バス1台、中型バス3台も備える。14年9月期の売上高は28億4500万円。  15年9月期は「結」を基本方針に、地域社会と共存し、安全で豊かな地域社会づくりと環境保全に努める。売上高は30億円を見込んでおり、グループ会社を合わせると36億円程度になる。  M&Aについては、14年10月から協議がスタート。「周囲からの反対もあり、足踏みが続いていた。4月に入り最終決断し、金融機関を入れて話が具体的に進み始めた」(杉本社長)  今後、マルコーエキスと滋賀丸工は和束運輸のグループ会社として位置付けられ、独立採算制で運営する。当面は、杉本社長が社長を兼任し、これから社内システムや給与体系といった管理面を整備。その後は若手を抜てきし、経営を任せていく考え。  和束運輸 1957年1月に設立。資本金1500万円。2トン車4台、4トン23台、10トン97台、トレーラ4台を保有。一般貨物自動車運送事業に加え、一般貸切旅客自動車運送事業なども手掛ける。従業員数は181人。家電メーカーや住宅機器メーカーなどを荷主に持つ。2014年9月期の売上高は28億4500万円。  マルコーエキスプレス 1981年4月に創業。資本金2400万円。大型ウイング車をはじめ、大型平ボディー、4トンウイング車、ユニック車、冷蔵車など64台を保有。従業員数は滋賀丸工運送合わせて75人。情報表示システムや産業用照明機器メーカー、乳業メーカーなどを荷主に持ち、2014年10月期の売上高は7億円。 【写真=買収した2社をグループ会社に位置付け、今後、社内システムなどを整備(和束運輸本社)】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap