物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

琵琶湖大橋 通行料金の有料継続 三日月知事、接続道路を整備

行政

2015/06/29 0:00

 滋賀県の三日月大造知事は24日開かれた県議会の本会議で、通行料金無料化を含め今後の方針が注目されている琵琶湖大橋有料道路について、有料を継続する考えを明らかにした。  2014年8月から15年2月にかけて「琵琶湖大橋有料道路のあり方に関する研究会」で今後の方向性を議論。最終報告書では、建設有料事業の継続と清算の双方について、メリットとデメリットを併記するにとどまり、明確な方針を打ち出すには至らなかった。  三日月氏は「報告書に加え、国や県議の意見、市長会からの意見書なども踏まえて十分に検討した。その結果、渋滞の解消や耐震補強の必要性といった課題に対処することが必要」と指摘。  更に、「橋への接続道路の4車線化や橋の耐震対策を早急に実施し、利用者の利便性向上を図ることが重要。これには多額の費用が掛かることから、こういった事業を追加して計画を変更し、有料を継続したい」と述べた。  料金については「利用者アンケートを十分踏まえ、検討していく」とする考えを示した。  なお、滋賀県トラック協会の田中亨会長は23日の理事会で、「滋ト協としては、会員の利便性を考え、今後も無料化を求めていく方針に変更は無い」と強調している。(小菓史和) 【写真=料金については、利用者アンケートを十分踏まえ、今後の在り方を検討していく(琵琶湖大橋)=イメージ写真】





本紙ピックアップ

国交省/車輪脱落防止、大型車ナット緊急点検

 国土交通省は9月30日、大型自動車メーカー4社と連携し、大型トラック・バスのユーザーを対象としたタイヤ脱着時のホイール・ナットの保守管理に関する緊急点検を10月1日から実施する、と発表した。車齢4年以上の大型車約38万…

軽トラック事故増/国交省、関係団体に注意喚起要請

 国土交通省は、軽貨物自動車(軽トラック)による事故の増加が顕著なことを受け、関係団体に対し近く、軽貨物運送事業者への注意喚起を促すよう要請する方針だ。9月30日に開催した事業用自動車に係る総合的安全対策検討会(野尻俊明…

日立物流がオランダ国際フォワーダーの全株取得

 日立物流は9月29日、オランダに本社を構える国際フォワーディング会社の全株式を12月中旬をメドに取得する、と発表した。これにより注力分野であるメディカル事業を拡充するとともに、4月にスタートさせた中期経営計画の重点施策…

ふそう、EVトラ用充電器設置サービス展開

 三菱ふそうトラック・バス(カール・デッペン社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市中原区)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向けの充電器設置サービスを9月から開始した、と発表した。同社の現行の電気小型トラック「eキャ…

オススメ記事

国交省/車輪脱落防止、大型車ナット緊急点検

 国土交通省は9月30日、大型自動車メーカー4社と連携し、大型トラック・バスのユーザーを対象としたタイヤ脱着時のホイール・ナットの保守管理に関する緊急点検を10月1日から実施する、と発表した。車齢4年以上の大型車約38万…

軽トラック事故増/国交省、関係団体に注意喚起要請

 国土交通省は、軽貨物自動車(軽トラック)による事故の増加が顕著なことを受け、関係団体に対し近く、軽貨物運送事業者への注意喚起を促すよう要請する方針だ。9月30日に開催した事業用自動車に係る総合的安全対策検討会(野尻俊明…

日立物流がオランダ国際フォワーダーの全株取得

 日立物流は9月29日、オランダに本社を構える国際フォワーディング会社の全株式を12月中旬をメドに取得する、と発表した。これにより注力分野であるメディカル事業を拡充するとともに、4月にスタートさせた中期経営計画の重点施策…

ふそう、EVトラ用充電器設置サービス展開

 三菱ふそうトラック・バス(カール・デッペン社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市中原区)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向けの充電器設置サービスを9月から開始した、と発表した。同社の現行の電気小型トラック「eキャ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap