物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

好川商運、モーダルシフトで効率化 トレーラ・フェリー組み合わせ

物流企業

2015/06/25 0:00

 【香川】好川商運(好川政彦社長、香川県観音寺市)は6月から、トレーラとフェリーを組み合わせたモーダルシフトに本格的に取り組み始めた。地球環境の改善に貢献するとともに、ドライバーの負担を軽減し、労働時間の改善基準告示を順守するのが狙い。ドライバーを増員せず、大量輸送による効率化で売上高と利益の拡大を目指す。(江藤和博)  モーダルシフトは2014年11月から試験的に実施してきた。観音寺市から高松港までトレーラで冷凍食品を運んでシャシーを切り離し、その後の作業をジャンボフェリー(山神正義社長、神戸市中央区)にアウトソーシング(業務委託)する。好川商運のトレーラは、帰りのシャシーを連結し、観音寺まで戻る。  この新事業に備えて、ヘッド2台、シャシー6台、大型冷凍車1台を導入。シャシーは最大積載量20トンで、荷室の天井には水滴落下防止の処理を施したほか、伝票などの読み間違いを防ぐため、LED(発光ダイオード)照明を取り付けた。6月第2週目から観音寺―高松港を1日3便運行している。  近距離輸送のためドライバーの運行時間が大幅に削減されるが、これに加えて派遣会社やシルバー人材センターのスタッフを雇用して積み込み作業を分業制にし、更なる負担軽減を図っていく方針。好川政洋専務は「定期で稼働し、次の日には新しい荷物の積み込みが終了しているので、ドライバーにとっては働きやすい。今後も労働時間規制を守っていきたい」と話している。  また、運行管理のレベルアップに努めており、ドライバー全員にタブレット(多機能携帯端末)を支給。無料通話アプリ「ライン」を活用してドライバーの位置をリアルタイムでチェックするほか、遠隔地でのアルコールチェックの模様を映像で確認し、万が一の事態を防いでいる。  更に、14年8月には道路交通安全管理の国際規格ISO39001や品質管理の9001の認証を取得し、安全や品質向上に力を入れている。  好川氏はモーダルシフトについて「主要取引先の1社であるムロオ(山下俊一郎社長、広島県呉市)が推進するローコストオペレーションの考え方を参考に、荷主にとってコストダウンにつながる提案をした。昨年と同じ人数で売り上げを拡大し、休日も増やしていきたい」としている。  今後については、「四国には食品メーカーが多いが、関西へ在庫を移す動きがあり、車両不足が顕著になる中で需要はある」とみている。  同社は積極的な運賃交渉を行った効果もあって、15年11月期(2014年12月〜15年11月)は大幅な増収増益の見通し。モーダルシフトを推進することで更なる業績の拡大を目指す。 【写真=伝票の読み間違いを防ぐため荷室にはLED照明を取り付け】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap