物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

日タ、京浜7号棟が竣工 同社初の免震構造

産業

2015/06/18 0:00

 日本自動車ターミナル(河島均社長、東京都千代田区)は12日、建設を進めていた京浜トラックターミナル内の新7号棟(大田区)が完成したのに伴い、テナントとして入居するトラック事業者らを招き、竣工披露式を行った。(高木明)  披露式に先立ち、河島社長は「当社は1965年の設立で、今年50周年を迎えたが、この節目の年に新ターミナルが完成したことの意義は大きい」と強調。その上で、「限られた土地を有効利用しながら、高機能の物流施設建設をはじめ、災害に強いターミナル構築に向け対応強化を図っていく」と述べた。  新7号棟は地上5階建てで、延べ床面積3万6120平方メートル。1階は特積事業者向けの荷さばき場、2〜5階が貨物の一時保管や流通加工などを行う配送センターとしての機能を持つ。日タの施設としては初めての免震構造と太陽光発電を採用。京浜トラックターミナル全体で72時間対応可能な非常用自家発電設備を設置する、BCP(事業継続計画)対応の施設とした。  1階は36バースあり、山陽自動車運送(荻野秀実社長、大阪府東大阪市)、南信貨物自動車(丸山光彦社長、長野県松本市)、姫路合同貨物自動車(北野穣社長、兵庫県姫路市)、備後通運(福田耕造社長、広島県福山市)の特積4社が入居。2〜5階の配送センターには日本通運が入居し、配送センターとして活用していく。 【写真=1階は荷さばき場、2〜5階は配送センター機能を持つ】





Share via
Copy link
Powered by Social Snap