物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

日本梱包運輸倉庫社長 黒岩正勝氏、現場重視の経営姿勢 海外で日本流サービス

物流企業

2015/06/15 0:00

 日本梱包運輸倉庫は10月1日からの持ち株会社制移行に伴い、「ニッコンホールディングス」(仮称)として再スタートする。国内34社及び海外24社のグループ力を結集し、「ニッコン」を次代につなぐ。黒岩正勝社長は「優れた現場力こそが企業の成長・拡大を保障し、確実なものにする」と言い切る。  ――10月から持ち株会社制へ移行する。  今は、本体が本業を行いながら、グループ戦略も決めている。移行後は持ち株会社がグループ全体の経営や戦略・戦術を考える。新体制の下、グループシナジーを発揮して事業拡大していく。  ――2016年3月期も増収増益を見込む。  終わった期(15年3月期)で言えば、円安の進行などで多少なりとも膨らんだ。「数字に一喜一憂するな」とは言わないが、中身が伴った「実力」による達成こそが本物。物流品質は向上したか、また、効率化・合理化は計画通り達成できたのか、厳しい検証が必要だ。これからも、現場を重視した経営姿勢で臨む。  ――設備投資も積極的だ。  17年3月期が最終年度の中期3カ年経営計画では、連結売上高2千億円、営業利益160億円を目指している。投資額は、15年3月期実績で189億円に達しており、総額は300億円を超えそうだ。外部環境の変化などを見据えながら適切に対処していく。  ――海外の売上比率は12%と高い。  成長のチャンスを海外に求めるといった意識は、微塵(みじん)も無い。いわば「陸続き」の考えで取り組んできた。海外でも自社で倉庫、車両といったアセットを持ちながら事業展開している。社名に「日本」が付いている限り、「日本流」のサービスを提供していく。  ――M&A(合併・買収)にも意欲的に取り組む。  シナジー効果とともに「時間」を買う成長戦略だ。中越テック(東京都江東区)、イトー急行(愛知県瀬戸市)などを買収してきたが、いずれも業態の補完や地域での競争力強化を狙ったものだ。ただし、当社の人材でコントロールできるという条件付きで、相手企業には当社のボードメンバーからカジ取り役の社長を送り出す。単なる〝進駐軍〞では、М&Aの本来の趣旨を実現することはできない。  ――5月に開催された運転技能競技大会には総勢220人が参加し、盛況だった。  物流企業は現場力の良しあしが、成長を決定付ける。常々、第一は安全、第二は品質、第三が効率化と言っているが、その全ての役割を担っているのが現場のドライバーやフォークマンたちだ。昔は「安全と弁当は自分持ち」言われたが、今はそんな時代ではない。「安全」はついてこない。安全確保は物流企業としての社会的責任でもあるが、何よりも、顧客からの信用、社業の発展に直接結びつく。  文 高木 明  写真 土屋太朗  くろいわ・まさかつ 1951年2月生まれ、東京都出身。73年駒沢大学卒業、日本梱包運輸倉庫入社。86年取締役、89年常務、8月ANIロジスティクス(タイ)社長、99年専務、2009年4月社長、11年6月社長執行役員。  ◆企業メモ◆自動車物流大手で、国内226事業所、海外9カ国・24社で構成。資本金113億円。1953年創立、70年東証2部上場、87年アメリカに現地法人設立、94年中国・タイに現法設立、97年東証1部に指定替え。15年3月期の連結売上高は1700億円、経常利益172億円。





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap