物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

三菱商事ロジスティクス社長 田村幸士氏、企業価値向上に貢献 フロンティア精神を発揮

物流企業

2015/06/11 0:00

 「単に物を輸送・保管するのがゴールではない。お客さまの競争力強化と企業価値向上に貢献することが最終地点」。三菱商事ロジスティクス(東京都千代田区)の田村幸士社長は、ビジョンの「ロジスティクスのその先へ!」に込めた理由をこう説明する。4月に就任した田村氏に、今後の指針と展望を聞いた。  ――就任の感想を一言。  物流に携わるのは10年ぶり。世界経済における中国とアジアの存在感が増し、物の流れも大きく変わっている。日本発の貨物がこれほど減るとは思わなかった。事業環境が目まぐるしく変化する中、経営のかじ取りを任され、責任の重さを感じている。2014年に設立60周年を迎えた。次の70周年に向けて足場を見直すのが私の役目だ。  ――土台をつくる。  15年3月期は想像以上に良い数字を出したが、本当の実力なのか冷静に見極める必要がある。きっちりと稼げる会社になるには足場を固めることが大事。仕事のやり方を見直し、業務の改善と効率化を図る。今夏以降に新しい経営方針を打ち出したい。  ――成長戦略をどのように描いていくか。  誰も目にしたことの無いロジスティクスを提供したい。我が社は商社のDNAを有する。荷主の物流関連セクションに社員を派遣する取り組みは一例で、三菱商事を含めて十数人の社員を約10社に送り出している。顧客の立場に身を置くことで、コストをただ引き下げるのではなく、その会社の成長を支援する。フロンティア精神を発揮すれば高収益体質におのずから結び付く。荷主の目線で商流と物流一体のサービスを提供していく。  ――新たな施策は。  IT(情報技術)武装化を推進していく。今年から来年にかけて基幹システムを刷新し、顧客対応力を強化する。バックグラウンドが商社である強みを生かしたソリューションにも力を入れる。アセットマネジメントによる効率的な施設運営、物流不動産の仲介サービスなど、三菱商事グループの総合力を結集していく。女性が働きやすい環境の整備も重要。二人の女性部長が活躍しているほか、課長職も相当数に上る。女性社員への期待は非常に大きい。  ――国内外とも事業展開を加速させる。  昨年、インドに現地法人を設立したため、8カ国計10社に達した。今期はインドネシアに現法を設立し、自動車を中心とした物流事業を開始する。ロシアとインドの深掘りもテーマの一つ。国内はアパレル物流事業を拡大する。8月か9月をメドに9カ所目の自社運用倉庫を広島県で稼働させる。顧客の事業展開に即応していく。  ――人材が成長を占う。  求める人材像は市場価値の高い人。親会社から期待される高いリターンを実現するには、付加価値の高い仕事が欠かせない。物流業界で頼りにされ、他社に引き抜かれるくらいの人材になってもらいたい。スペシャリストを評価することも大事であり、社員それぞれの背景に応じた人事制度をつくっていく。物流業界を盛り上げていきたい。  文・写真 沢田顕嗣





本紙ピックアップ

建材価格高騰、施設開発コストに影響

 建設資材の価格高騰により、倉庫や物流関連施設の建設コストが上がっている。日本建設業連合会(宮本洋会長)のまとめによると、2021年1月から22年11月までに建築部門の資材価格は平均29%、労務費、仮設費、経費などを含め…

国交省/高速道「深夜割引」見直し、50㌔ごとアンテナ設置

 国土交通省は、東日本、中日本、西日本の各高速道路会社とともに発表した高速道路通行料金の深夜割引の見直しに向けた工程として、50㌔ごとにフリーフロー(ETC無線専用)アンテナを設置し、走行距離を把握する方針だ。新たな割引…

寒波襲来で交通混乱

 24日夜からこの冬一番の寒気が流れ込んだことで西日本や日本海側などの各地で大雪となり、交通網に大きな影響を及ぼした。京都市など普段雪の少ない地域でも雪が積もったほか、岡山県津山市では観測史上最大となる46㌢の積雪を観測…

ジャパンリリーフ/運転者求人サイト「運転ドットコム」、幅広いプランで3月始動

 人材サービスを手掛けるジャパン・リリーフ(般若真也社長、東京都港区)は3月1日から、ドライバー専門の求人ウェブサイト「運転ドットコム」を始動させる。求人を掲載する企業が応募者に向けた見せ方を選べるように幅広いプランを用…

オススメ記事

建材価格高騰、施設開発コストに影響

 建設資材の価格高騰により、倉庫や物流関連施設の建設コストが上がっている。日本建設業連合会(宮本洋会長)のまとめによると、2021年1月から22年11月までに建築部門の資材価格は平均29%、労務費、仮設費、経費などを含め…

国交省/高速道「深夜割引」見直し、50㌔ごとアンテナ設置

 国土交通省は、東日本、中日本、西日本の各高速道路会社とともに発表した高速道路通行料金の深夜割引の見直しに向けた工程として、50㌔ごとにフリーフロー(ETC無線専用)アンテナを設置し、走行距離を把握する方針だ。新たな割引…

寒波襲来で交通混乱

 24日夜からこの冬一番の寒気が流れ込んだことで西日本や日本海側などの各地で大雪となり、交通網に大きな影響を及ぼした。京都市など普段雪の少ない地域でも雪が積もったほか、岡山県津山市では観測史上最大となる46㌢の積雪を観測…

ジャパンリリーフ/運転者求人サイト「運転ドットコム」、幅広いプランで3月始動

 人材サービスを手掛けるジャパン・リリーフ(般若真也社長、東京都港区)は3月1日から、ドライバー専門の求人ウェブサイト「運転ドットコム」を始動させる。求人を掲載する企業が応募者に向けた見せ方を選べるように幅広いプランを用…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap