物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

高速道路/重量2倍超、初の告発 東西で82トンと53トン通行

産業

2015/06/08 0:00

 重量超過車両の通行に対する処分を厳罰化する、道路法の新たな実施方針に基づき、東西2件の事案を初めて告発――。東日本高速道路(広瀬博社長、東京都千代田区)の関東支社と西日本高速道路(石塚由成社長、大阪市北区)の関西支社は3日、日本高速道路保有・債務返済機構(勢山広直理事長)と連名で、車両制限令で定められた一般的制限値25トンの2倍超を通行させたトラック事業者と運転者を、それぞれ管轄の警察署に告発した。(田中信也)  今回の事案は、いずれも4月14日の取り締まりで発覚。国土交通省や所管警察、高速道路機構などとの調整を経て、初の告発に至った。車両総重量は、それぞれ82.05トン、53.35トンで、極めて悪質な事案と判断。新方針を初めて適用するとともに、広く啓発を呼び掛けるため公表に踏み切った。  東日本高速のケースでは、東関東自動車道下り・宮野木本線料金所(千葉市花見川区)で、総重量82.05トンの大型トレーラを発見。運転者と雇用先の重機運輸機工(中川孝則社長、浦安市)を千葉県警に告発した。「同社は、これまでも道路法違反を繰り返す常習違反者で、再三の指導にもかかわらず、改善がみられなかった」(関東支社)  一方、西日本高速の事案では、第二神明道路上り・明石西本線料金所(兵庫県明石市)で、53.35トンの大型トレーラを通行させた運転者と京都市のトラック事業者(非公表)を兵庫県警に告発した。  高速道路機構は「高速道路各社による取り締まりで、告発の基準を上回る事案が数件ある」(総務部管理課)としており、今後も告発事案が増えそうだ。同機構と東日本、西日本の両高速道路は、今後も関係機関と連携を図り、道路法違反車両に対して厳正な行政措置を行い、安全で円滑な交通の確保に努めていく――としている。  これまでは、道路法47条第2項に基づく重量、幅、高さなどが最高限度を超える車限令違反といった、悪質な違反を繰り返す常習者を対象に告発。過積載車両の道路の劣化に与える影響が深刻化する中、国交省は2014年に策定した大型車通行の適正化方針で、車限令違反を厳罰化する方針を決定した。一般的制限値を2倍以上超過した違反者に対して「即時告発」する方針が打ち出され、2月から施行。高速道路6社は新方針に基づき、悪質違反者への厳罰化を図ってきた。 【写真=重機運輸機工が通行させた総重量82.05トンのトレーラ=東日本高速提供】





本紙ピックアップ

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

オススメ記事

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap