物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

神貨協連、飯沼氏が会長昇格 債権保全管理を見直し

団体

2015/06/08 0:00

 【神奈川】神奈川県貨物自動車事業協同組合連合会(三田佳美会長)は5月27日、総会を開き、事業計画と予算などを承認した。任期満了に伴う役員改選で、三田会長(65、協同組合県央輸送業務センター)が退任。後任に、飯沼健史副会長(64、横浜中地区貨物自動車事業協同組合)が昇格した。  2014年度は、関東運輸局や高速道路会社に対し、大口・多頻度割引の激変緩和措置の恒久化や、平日朝夕割引の対象利用額の大口・多頻度割引への重複適用、各高速道路会社の料金体系の統一、サービスエリアなどのトラック駐車スペース拡大を要望。  教育情報事業では、ETC(自動料金収受システム)コーポレートカードの適正管理・利用に関する講習を行った。また、14年11月には50周年記念式典を開催した。  15年度は、燃料共同購入事業の円滑化に向け、引き続き燃料価格状況調査を実施するとともに、購入時の各協組の支払いサイト統一や燃料交渉形態の見直しを進める。また、運送事業者の倒産・廃業に伴う傘下協組の経営環境悪化に備え、協組と組合員間の債権保全管理に関する見直し・整理も行う。(吉田英行) 【写真=各協組の支払いサイト統一などを盛り込んだ事業計画を承認】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap