物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

鈴与、地元NGOに寄付 植林事業に貢献

物流企業

2015/06/04 0:00

 鈴与(鈴木与平社長、静岡市清水区)は5月29日、アジア・太平洋地域で農村開発や環境保全活動を展開する国際NGO(非政府組織)オイスカ静岡県支部(落合偉洲会長)に対し、植林事業への寄付金を贈呈した。金額は、鈴与の機密文書リサイクルシステム「エコロック」で得た売り上げの一部、43万8850円。  2007年から様々な植林事業への寄付を続けており、同団体へ贈るのは2回目となる。同日、同社の早川巌副社長が落合会長に目録を手渡した。  「エコロック」は、書類をシュレッダー処理しないことで紙の焼却量を減らし、二酸化炭素(CO2)削減を目指すシステム。事業者や処理業者、製紙会社と一体となってリサイクル事業を推進し、回収した書類は再生紙の原料としている。  処理量に応じて「植林ポイント」を付与し、1ポイント10円で換算する。50ポイント(500円)で海岸林1本を植林できる。(梅本誠治) 【写真=オイスカ静岡県支部の落合会長に寄付金を手渡す早川副社長(左)】





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap