物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

難病の赤ちゃん救え 香ト協、心臓移植むけ募金活動

団体

2015/05/11 0:00

 生後1カ月あまりで原因不明の病を患い、米国での心臓移植手術へ望みを託す大林夏奈ちゃん(0歳9カ月)を救おうと、香川県トラック協会(楠木寿嗣会長)は募金活動を展開し、集まった325万5102円を1日、「ななちゃんを救う会」(山内英司・後藤耕司共同代表)に贈った。楠木会長は「危険と隣り合わせのトラック業界として、命の大切さを強く認識し、全国に支援の輪を広げたい」とコメント。全日本トラック協会(星野良三会長)や四国トラック協会連合会(粟飯原一平会長)などにも協力を要請している。(江藤和博)  夏奈ちゃんは、高松市場運送(高松市)の成木肇社長の姪の長女で、成木氏の妹、真由美さんの孫にあたる。心臓が拡張し、筋力が弱った結果、血液をうまく送り出せなくなる原因不明の難病、拡張型心筋症を患っている。現在、大阪大学医学部付属病院に入院し、小児用人工心臓を装着して小康状態を保っているが、常に重篤な心不全による突然死と隣り合わせの状況にある。  残された唯一の治療は心臓移植だが、日本で行うのは難しく、両親は米国での移植手術を決断。しかし、費用はデポジット(前払い医療費)を含めて2億8千万円必要で、個人で負担できる金額ではない。このため、父親の謙一さんの出身地である大阪市と母親の奈央さんの出身地、高松市で救う会の事務局を開設。香ト協会員の朝日通商(高松市)の後藤耕司社長が代表の一人となって募金活動を行っている。  香ト協では、支部の総会などで会員に呼び掛けるとともに、青年協議会(松本英高会長)による街角募金キャンペーンを実施。今後も活動を継続し、全面的に支援していく。  トラック総合会館で行われた贈呈式には、香ト協から楠木氏のほか、尾崎康宏副会長、松本青年協議会会長、前谷勉専務らが出席。楠木氏が救う会の江波戸功一事務局長に贈呈金の目録を手渡した。  江波戸氏は「立派な募金に感謝の言葉も無い。お陰さまで、ななちゃんは小康状態を保っており、離乳食を食べている。一刻も早くアメリカで移植させたい」と謝辞を述べた。  また、楠木氏は「我々は日頃から安全活動を積極的に展開しているが、残念ながら事故も起きている。運送事業を担う者として、命の大切さを再認識するためにも、全国に募金を訴えていきたい」と話した。 【写真=救う会の江波戸事務局長に目録を手渡す楠木会長(右)】





本紙ピックアップ

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

オススメ記事

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap