物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

アサヒロジ/愛車運動、全社大会を初開催 トラックも本格開始へ

物流企業

2015/04/30 0:00

 アサヒロジ(丸山高見社長、東京都港区)は25日、フォークリフトを対象とした「愛車運動」の全社発表大会を東京都で開催した。支社単位の発表会を勝ち抜いた12の支店・営業所がプレゼンテーションを行ったほか、初めてトラックの愛車運動の取り組み事例も発表された。トラックに関しては関連運送会社や協力事業者も参加し、本格的にスタートさせる。(田中信也)  愛車運動は当初、東京支社の富士宮支店で自発的にスタート。その後、「現場で知恵を出し合い、職場を健全成長させる」(丸山社長)との確信を得て、2014年6月に東京支社で発表会を開催した。  その結果、作業中の事故削減や作業環境の見直し、安全・安心な職場づくりと一体感の醸成――といった成果を確認、同9月から全国展開を始めた。今回、全国6支社の発表大会から選抜したチーム(支店・営業所)による初の全社大会の開催に至った。  丸山社長は「昨年の下半期に愛車運動を全国展開してから、事故の発生件数は前年比4割近い大幅な減少となった。運動の目的は何といっても『安全』だが、それだけでなく仲間、職場、荷物、品質を大切にすることにも通じる。引き続き、安全を最優先に全社を挙げて運動を磨き上げ、進化させていく」と意気込みを語った。  発表では、各チームが①フォークの塗り替え②作業時の課題や場内の危険箇所の洗い出しと改善③乗務記録表の作成と日々の記録④活動前後での事故発生の状況⑤課題の抽出――などを基本にプレゼンを行った。  「フォークに張り付けるネームプレートをカラーでランクアップ」(群馬支店)、「傷を発見した箇所へのシール張り付け」(広島営業所)、「新人と良く事故を起こすオペレーターを対象とした講習の実施」(宇都宮支店)など、創意工夫の取り組みが披露された。  審査の結果、金賞(1位)が群馬支店、銀賞(2位)は神奈川支店、銅賞(3位)に名古屋支店がそれぞれ輝き、表彰状とトロフィー、記念品が贈られた。  また、特別発表として東京支社平和島支店のドライバーが、小型トラックによる愛車運動を報告。今回は車両のリペアに焦点を絞っており、「洗車やワックスがけ、ペンキ塗り替えに取り組んだことで不具合が早期に発見でき、取り組み以降は事故ゼロを継続している」と効果を強調した。今後、大型についても、グループ全体で展開していく。 【写真=丸山社長から表彰状を受け取る群馬支店チーム】





本紙ピックアップ

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

オススメ記事

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap