物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

東亜物流、千葉・松戸市に新拠点 アパレル・生活用品開拓

物流企業

2015/04/20 0:00

 【東京】東亜物流(森本勝也社長、東京都江戸川区)は5月1日から、松飛台商品センター(千葉県松戸市)を稼働させる。物流施設の一角(延べ床面積7920平方メートル、2フロア)を賃借し、市川市の倉庫機能(床面積3630平方メートル)を移管するとともに、アパレルと生活用品を主体とした新規ニーズを取り込む。  市川市に構える既存拠点は、立地的に人手の確保が難しい上、地盤沈下も進んでいることから閉鎖する。新拠点の取り扱い貨物はアパレルと生活用品を軸にする構想で、営業所兼通過型センター(TC)として運営。床面積が旧センターの2倍以上となるため、顧客の開拓に励んで早期のフル稼働を目指す。  2015年4月期の売り上げは、年明けから荷動きに陰りは見えるものの、前期比7%増の40億円を見込む。  16年4月期は「内部体制強化」を経営基本方針に策定。売り上げは15年4月期比で5%増の42億円を目標に掲げる。期首に開設する松飛台商品センターを除き大型の投資計画は無いが、昨秋に繊維製品の製造・卸(ロブク流通)から営業権を取得したように、魅力的な案件があればM&A(合併・買収)や営業権の獲得に乗り出す。このほか、大阪での事業展開も一段と加速させていく。  森本社長は「来期は規模の追求よりも内部体制の強化に重きを置く。4月に大卒1人を含む7人の新入社員を迎えた。今後も若い人たちが入りたいと思う会社にすることが先決。教育プログラムも社員の希望を取り入れた内容に刷新していく。人事評価基準も確立したい」と話している。(沢田顕嗣) 【写真=新規ニーズを取り込み、早期のフル稼働を目指す】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap