物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

LAC・清水運輸など■専門学校生の作品表彰 若者の感性 デザイントラックに

団体

2015/04/16 0:00

 オートボディープリンターの製造販売を手掛けるエルエーシー(村井秀世社長、東京都町田市)は11日、清水運輸(清水英次社長、埼玉県富士見市)とエスユーロジ(清水社長、同)、東京デザイン専門学校(東京都渋谷区)と産学協同プロジェクト「街に芸術を」の表彰式を行うとともに、受賞作品をプリントした車両を披露した。同プロジェクトは、若者の感性による運送業界の活性化を目的に、大型トラックのグラフィックデザインを募集。エルエーシーは、自由なレイアウトと彩色を施したトラックを、「デザイントラック」として商標登録。業界再生の手段としてアピールしている。  清水社長は「業界では若手ドライバーが不足し、事業存続の岐路に立たされている。デザイントラックで状況を打破し、ノウハウを他社と共有したい、と産学協同プロジェクトに参画した。集まったデザインは、我々の発想では出ないものばかりだ」とあいさつ。  エルエーシー国内事業部の長坂純一部長に続き、東京デザイン専門学校の社会活動推進室の戸田吉彦統括が、「多くの産学協同プロジェクトを手掛け、企業とのコラボレーション作品を発表してきたが、大型トラックボディーのように、大きなものを学生に依頼されたのは初めてだ。生徒が社会に巣立った後の励みになる」と述べた。表彰では3賞を用意。エルエーシー賞に多嘉山ゆりあさん、清水運輸賞には伊沢友里奈さん、エスユーロジ賞には庄司健太郎さんがそれぞれ選ばれた。(佐々木健) 【写真=受賞作をプリントした3台の大型トラックと、作品を手掛けた専門学校生】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap