物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

JP&楽天、ロッカー受け取り開始 10月末まで都内25局に試行設置

物流企業

2015/04/09 0:00

 日本郵便(JP、高橋亨社長、東京都千代田区)と楽天(三木谷浩史会長兼社長、品川区)は6日、共同記者会見を開き、インターネット通販商品のゆうパック専用ロッカーでの受け取りサービス「はこぽす」を9日から実施する、と発表した。高橋、三木谷の両社長は「利用者の利便向上により、ニーズの拡大につなげたい」と抱負を述べた。(田中信也)  楽天が運営するインターネットモール「楽天市場」の商品購入を対象に10月末まで試行実施するもので、1月15日に日本郵便が構想を発表。9日の開始を前に、サービスの詳細を明らかにした。  9日午前9時以降、楽天市場の出店者(300者程度)からの商品購入について、希望する郵便局のはこぽすを指定できる。  試行実施では、東京都内での受け取りに限定。「通勤・通学途中に立ち寄れる」「自宅の近くで受け取れる」「お昼休みや出先で受け取れる」などの利用シーンを想定し、渋谷郵便局、世田谷郵便局など集配業務を行う25局に設置する。このうち、23区内の20局では24時間対応する。  利用できるのは、普通扱いのゆうパックのみで、冷蔵・冷凍や代金引き換え、着払いなどは扱わない。サイズは、3辺の計100センチ、かつ重さ30キロ以内で、「書籍やCD・DVD、化粧品・美容品、ハンカチ、靴下など軽くて持ち運びやすい商品に最適」(日本郵便)としている。  また、サービス開始に当たり、利用促進キャンペーンを行う。13日~5月13日までの期間中に利用すれば、もれなく楽天スーパーポイントを100ポイント、利用後のアンケートへの回答で400ポイントをプレゼント。更に、全アンケートへの回答で10万ポイントを山分けする。  会見で、高橋氏が「eコマース(電子商取引)など通販市場が拡大するとともに、ライフスタイルが多様化しており、利用者の受け取りに対する煩わしさを解消することで、ゆうパックの利用拡大につなげたい」、三木谷氏は「楽天市場のユーザーの受け取りニーズも多様化している。ロッカーで24時間受け取れるサービスはまさに『受け取り革命』であり、今後も革新的なサービスに取り組んでいく」と、それぞれ意気込みを語った。  今回の提携をきっかけとした協調関係について、三木谷氏は「今後も深めていく」としつつ、「今回のサービスでカバーできない部分はまた別の手立てを考えたい」と発言。高橋氏は「まずは楽天との連携によるサービスでニーズを分析し、今後の対応を検討したい」と話した。 【写真=記者会見後に堅い握手を交わす高橋社長(右)と三木谷社長】





本紙ピックアップ

T2/自動運転トラック幹線輸送サービス、沼津-浜松でレベル2実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)は、2025年7月の自動運転トラックを用いた幹線輸送サービスの開始を目指し、新東名高速道路・駿河湾沼津サービスエリア(SA)―浜松SAでレベル2(特定条件下で…

アルプスウェイ、オリジナルキャラ「らん」を8台に施工

 アルプスウェイ(田村裕章社長、長野県松本市)は新たにオリジナルキャラクター「らん」を車両のボディーに施した。3日に披露したもので、同市出身で米アカデミー視覚効果賞を受賞した映画監督、山崎貴氏によるデザイン。松本センター…

能登地震/初動対応検証、物流業者と連携促進

 政府が10日開催した能登半島地震の復旧・復興支援本部(岸田文雄本部長、首相)で、関係省庁からなる初動対応の検証チームが検証結果を報告した。物資調達に関しては、ラストマイルまで被災者が希望する物資が届かなかったといった声…

コア、各種点呼をひとまとめに

 ソーシャル・ソリューションメーカーを企業理念に掲げるコアは、対面、電話、遠隔、IT(情報技術)、業務後自動点呼をひとまとめにし、一つのライセンスで提供するクラウドシステムで運送事業者の負担軽減、業務効率の向上に貢献して…

オススメ記事

T2/自動運転トラック幹線輸送サービス、沼津-浜松でレベル2実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)は、2025年7月の自動運転トラックを用いた幹線輸送サービスの開始を目指し、新東名高速道路・駿河湾沼津サービスエリア(SA)―浜松SAでレベル2(特定条件下で…

アルプスウェイ、オリジナルキャラ「らん」を8台に施工

 アルプスウェイ(田村裕章社長、長野県松本市)は新たにオリジナルキャラクター「らん」を車両のボディーに施した。3日に披露したもので、同市出身で米アカデミー視覚効果賞を受賞した映画監督、山崎貴氏によるデザイン。松本センター…

能登地震/初動対応検証、物流業者と連携促進

 政府が10日開催した能登半島地震の復旧・復興支援本部(岸田文雄本部長、首相)で、関係省庁からなる初動対応の検証チームが検証結果を報告した。物資調達に関しては、ラストマイルまで被災者が希望する物資が届かなかったといった声…

コア、各種点呼をひとまとめに

 ソーシャル・ソリューションメーカーを企業理念に掲げるコアは、対面、電話、遠隔、IT(情報技術)、業務後自動点呼をひとまとめにし、一つのライセンスで提供するクラウドシステムで運送事業者の負担軽減、業務効率の向上に貢献して…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap