物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

白石倉庫&日通商事仙台支店、箱型フレコン開発 震災教訓 荷崩れ防ぐ

物流企業

2015/04/09 0:00

 白石倉庫(太宰栄一社長、宮城県白石市)と日通商事仙台支店(鷹野守男支店長、仙台市宮城野区)は、全国農業協同組合連合会宮城県本部(JA全農みやぎ、菊地潔本部長)と連携し、箱型(BOX)のコメ用フレキシブルコンテナバッグの開発に取り組んでいる。東日本大震災でコメ倉庫の荷崩れが多発した教訓から、従来の丸型(茶筒型)の形状を箱型(弁当型)に改めた新タイプのフレコンで、充填(じゅうてん)や荷役、輸送、保管の試験などを行い、製品化の段階に入っている。(黒田秀男)  コメの流通では、ひと昔前までは米俵(60キロ)が使われていたが、その後は30キロの紙袋が一般的となり、近年は約1トン入るフレコンが普及しつつある。フレコンは輸送を主眼に置いたとされ、機械による荷積み、荷下ろしで作業効率が高いなど大きなメリットもある。しかし、形状が丸型(円柱)のため、保管する上では課題が多かった。  紙袋に比べて安定性が悪く、高積みには適さない。平面が円形のため保管面積にデッドスペースが生じ、保管効率も落ちる。何よりも安全性の面で問題が大きく、地震の揺れに弱いため、荷崩れを起こしやすい。また、フォークリフト作業では積み付けが不安定で、荷役中の落下事故も発生している。  倉庫業者からは「フレコンの保管は最悪だ。地震による荷崩れが心配で、荷役の作業性も悪い。高積みできないため、紙袋に比べて2倍のスペースが必要となる。低温保管用の空調設備の電気代も倍になる」との不満の声が噴出していた。  そこで開発したのが、箱型のボックスフレコンだ。2013年7月に白石倉庫と日通商事が「震災に強く、安全な作業性を有し、保管効率の高い革新的なBOXフレコンの開発」をコンセプトに取り組みをスタート。地元のJA全農みやぎと連携し、関係企業の協力を得て、新型フレコンの開発を目指した。  この完成版が「BOXフレコン Aタイプ」だ。素材は丸型と同じポリプロピレンを使用し、コメを入れた時のサイズは、幅135センチ、奥行き115センチ、高さ85センチの直方体。高さを低くし、安定性を確保したのが特長だ。コメの収容量は丸型と変わらず、全農みやぎの流通サイズに合わせた1080キロとなる。  箱型のフレコンは上下左右の袋との着地面が広いため、安定性が高く、最大で6段積みも可能。上から強い圧力がかかっても四角形を維持できるよう、内部に隔壁を付け、周囲を4本のベルトで補強している。従来の丸型は2、3段積みが一般的だった。  試作に当たっては、全農みやぎや飼料販売会社、トラック事業者、通運事業者、JR貨物などの協力を得て、1年半かけて仕様・規格の設計開発や充填、荷役、輸送、保管の試験を行ってきた。  テスト輸送では、大型トラックへの2列積載が可能なことを確認し、鉄道コンテナ輸送でも、5トンコンテナに5袋積載の形で、石巻市内の倉庫からJR貨物の石巻港駅を経由して仙台貨物ターミナル駅、そして仙台港地区の倉庫への輸送を成功させた。また、政府備蓄米の保管試験も昨年11月にスタート。政府の梱包資材買い入れ規格とJIS規格もクリアし、県内2カ所で計600トンの低温保管を行っている。  現在、製品化の最終段階に入っている。今後は日通商事(渋沢登社長、東京都港区)が販売主体となり、新タイプのBOXフレコンによるコメの流通を目指す。  既に、2月に日通商事とフレコンメーカーが共同で特許庁に実用新案を届け出している。  白石倉庫の太宰社長は「BOXフレコンは、丸型の課題を改善し、震災に強く、安全な作業性を確保した保管効率の高い梱包資材。普及すれば、食糧の保管や流通が大きく変わる可能性がある。農産品物流の変革に向け、普及促進に努めたい」と話している。 【写真=丸型から箱型に切り替えることで安定性を確保】





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap