物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

東ト協、公認支部がスタート 東京方式2年で実現

団体

2015/04/06 0:00

 東京都トラック協会(大高一夫会長)で2年余りかけて進めてきた「公認支部」が1日、発足した。支部の主体性を確保しつつ、本部と25支部が一体となり、現状の運営体制を維持する「東京方式」として注目されていた。発足式には全支部長に加え、関東7県のトラック協会長と専務も出席し、新たなスタートを祝福した。(高橋朋宏)  大高会長は「名実共に本部と支部は一体化する。皆さまの苦労に心から感謝申し上げる。創立50周年を目前に控え、25支部が法律で公に認められた組織として新たなスタートを切ることは、協会活動の大きな原動力となる。本部と支部がより一層コミュニケーションを密にし、スムーズな組織運営に努めて、これまで以上に会員の声を反映した事業を展開していきたい」とあいさつした。  式典では、支部長、事務長一人ひとりに支部旗と認証状、バッジが手渡された。  支部長を代表して、藤倉泰徳足立支部長は「支部公認化に際し、多大な支援と理解をいただいた。何よりも事務長の皆さんにはタイトな時間の中、大変な事務作業を行ってもらった。大高会長が常々言われている、支部重視・会員重視が形になった。来年50周年を迎える東ト協にとって、とても大きな改革だ」と述べた。  全日本トラック協会の星野良三会長は「支部が一つの独自性を持ち、支部長の責任は大きくなる。少しでも会員が良くなるよう事業運営して欲しい」と祝辞。  また、全ト協副会長の三浦文雄・群馬県トラック協会長は「業界を取り巻く状況が厳しい中、東ト協が組織体系を充実させて課題克服へ取り組むことに、関東にとどまらず日本全国のトラック協会が期待を寄せている。トップリーダーとしての力を遺憾なく発揮してもらいたい」とエールを送った。  東京方式は、法的・社会的に「非公認の支部」から、支部の主体性を確保しつつ、本部と一体の組織として「公認の支部」へ移行するもの。 【写真=支部旗の授与などを行った発足式】





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap