物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

宮城・福島で震度6強(PM17:06更新)

調査

2022/03/17 14:49

 3月16日23時36分に発生した福島県沖を発生源とする震度6強の地震について、被害情報を随時更新してお伝えします。被害に遭われた方に対し、心よりお見舞い申し上げます。 まずは、命を守ることが何より大事です。無理な運行をする、させるのは控えましょう。皆様のご無事をお祈りしております。
 

【地震による交通・物流関係の被災状況】
 (国土交通省発表、17日7時30分時点) 高速・有料道路は東北自動車道・本宮―一関、常磐自動車道・常磐富岡―亘理、仙台東部道路・亘理―仙台空港など9路線、国道が4路線、地方道では13区間で通行止め。そのほか、宮城県の営業倉庫で荷崩れ1件が報告されています。(午前11:02 · 2022年3月17日追記)



【製油所・油槽所・SSの被災】
 (経産省発表、17日7時時点) ENEOSの仙台製油所で重油漏洩を確認、漏洩防止作業を実施中。管内の停電の影響で、同川崎製油所と根岸製油所の一部装置、大阪国際石油精製の千葉製油所で全装置が停止中ですが、いずれも現時点で火災や爆発はありません。S Sの被災は確認されていません。(午前11:02 · 2022年3月17日追記)

【NEXCO東日本(東北)様ツイッターより】

東日本高速道路提供

東日本高速道路提供

【ヤマト運輸】

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)は17日午後3時時点で、全国から東北地域(青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島の各県)宛の荷物、東北地域(同)から全国宛ての荷物で、半日程度の配送の遅れが生じる可能性があると公表。また、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、山梨、静岡の各県と東京都から北海道宛ての荷物(3月18日届け分)でも1日程度遅れる可能性があるとしている。(16:19 · 2022年3月17日追記)

【アイリスオーヤマ】

 アイリスオーヤマは17日午前9時時点で、工場・物流関係の一部建物の被害と物品の落下があったものの、大きな被害はないと発表しました。角田工場(宮城県角田市)、大河原工場(宮城県大河原町)、亘理工場(宮城県亘理町)は自動倉庫で荷崩れが発生。復旧作業を行っている。(16:24 · 2022年3月17日追記)

【日本郵便】

 日本郵便(衣川和秀社長、東京都千代田区)は17日正午時点で、宮城県、福島県の郵便局で窓口業務を休止している。また、高速道路の通行止めにより、北海道と、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島の各県で、引き受けまたは配達となる郵便物・ゆうパックなどの一部の配達に遅れが発生している。(16:29 · 2022年3月17日追記)

【佐川急便】

 佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)は17日午前8時時点で、全国から北海道、青森、岩手、秋田、宮城、福島、山形の各県で集荷・配送に遅れが生じている。その他の地域でも道路状況により配送遅延が生じる可能性があるとしている。(16:40 · 2022年3月17日追記)

【西濃運輸】

 西濃運輸(小寺康久社長、岐阜県大垣市)は17日午前9時時点で、北海道と青森、秋田、岩手、宮城、福島、山形の各県で集荷・配達に遅延が生じる可能性があるとしています。(16:43 · 2022年3月17日追記)

【情報募集】
物流ニッポン新聞社では、物流事業者を中心に被害状況や危険個所の共有を求めています。
下記のフォームから情報をお寄せください。

    何卒宜しくお願いいたします。(運営一同)





    本紙ピックアップ

    氷河期世代支援、短期資格コース終了

     政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

    国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

     国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

    神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

     神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

    横浜低温、3市町村・医師会と協定

     横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

    オススメ記事

    氷河期世代支援、短期資格コース終了

     政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

    国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

     国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

    神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

     神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

    横浜低温、3市町村・医師会と協定

     横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

    Share via
    Copy link
    Powered by Social Snap