物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ダイアログ/請求管理ツール、荷主ごとに収支確認可能 早期の改善実行を支援

テック

2021/11/04 18:08

 ダイアログ(方志嘉孝社長、東京都品川区)は2日、3PL(サードパーティー・ロジスティクス)事業者向けの請求管理ツール「タリフィー」に、センターや荷主ごとに収支を確認できるダッシュボードを実装した、と発表した。採算が取れているか分析することで、早期の改善アクション実行を支援する。

 タリフィーは、WMS(倉庫管理システム)やエクセルなどでバラバラに管理している情報をまとめ、センター、荷主ごとの売り上げとコストを集計し、可視化するシステム。データを基に、請求書の発行もできる。

 今回のリニューアルでは、ダッシュボードにセンター別、荷主別の売り上げと、人件費などのコストを表示。月末のデータ確定を待たずに、当月の売り上げ予測を立てることが可能になる。また、ダッシュボードは、オプションで顧客に合わせたカスタマイズも行える。

 同社は「新型コロナウイルス禍を背景に個人消費のEC(電子商取引)化が加速し、物流現場では閑散期と繁忙期の業務量差が課題となっている」と指摘。その上で、「採算を可視化して管理し、早期に改善することがセンターの売り上げや利益改善につながると考え、機能を拡充した」としている。

 今後も更にアップデートを推進。2022年4月には、リアルタイムにデータを確認可能なモバイルアプリケーション、同年5月にはダイアログが提供するWMSとのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)連携を予定している。

 なお、タリフィーのリニューアルを記念し、先着10社限定で初期費用10万円が無料になるキャンペーンを実施する。(根来冬太)





本紙ピックアップ

建材価格高騰、施設開発コストに影響

 建設資材の価格高騰により、倉庫や物流関連施設の建設コストが上がっている。日本建設業連合会(宮本洋会長)のまとめによると、2021年1月から22年11月までに建築部門の資材価格は平均29%、労務費、仮設費、経費などを含め…

国交省/高速道「深夜割引」見直し、50㌔ごとアンテナ設置

 国土交通省は、東日本、中日本、西日本の各高速道路会社とともに発表した高速道路通行料金の深夜割引の見直しに向けた工程として、50㌔ごとにフリーフロー(ETC無線専用)アンテナを設置し、走行距離を把握する方針だ。新たな割引…

寒波襲来で交通混乱

 24日夜からこの冬一番の寒気が流れ込んだことで西日本や日本海側などの各地で大雪となり、交通網に大きな影響を及ぼした。京都市など普段雪の少ない地域でも雪が積もったほか、岡山県津山市では観測史上最大となる46㌢の積雪を観測…

ジャパンリリーフ/運転者求人サイト「運転ドットコム」、幅広いプランで3月始動

 人材サービスを手掛けるジャパン・リリーフ(般若真也社長、東京都港区)は3月1日から、ドライバー専門の求人ウェブサイト「運転ドットコム」を始動させる。求人を掲載する企業が応募者に向けた見せ方を選べるように幅広いプランを用…

オススメ記事

建材価格高騰、施設開発コストに影響

 建設資材の価格高騰により、倉庫や物流関連施設の建設コストが上がっている。日本建設業連合会(宮本洋会長)のまとめによると、2021年1月から22年11月までに建築部門の資材価格は平均29%、労務費、仮設費、経費などを含め…

国交省/高速道「深夜割引」見直し、50㌔ごとアンテナ設置

 国土交通省は、東日本、中日本、西日本の各高速道路会社とともに発表した高速道路通行料金の深夜割引の見直しに向けた工程として、50㌔ごとにフリーフロー(ETC無線専用)アンテナを設置し、走行距離を把握する方針だ。新たな割引…

寒波襲来で交通混乱

 24日夜からこの冬一番の寒気が流れ込んだことで西日本や日本海側などの各地で大雪となり、交通網に大きな影響を及ぼした。京都市など普段雪の少ない地域でも雪が積もったほか、岡山県津山市では観測史上最大となる46㌢の積雪を観測…

ジャパンリリーフ/運転者求人サイト「運転ドットコム」、幅広いプランで3月始動

 人材サービスを手掛けるジャパン・リリーフ(般若真也社長、東京都港区)は3月1日から、ドライバー専門の求人ウェブサイト「運転ドットコム」を始動させる。求人を掲載する企業が応募者に向けた見せ方を選べるように幅広いプランを用…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap