物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

広ト協が作品紹介 病気克服しトラ模型製作

団体

2015/06/11 0:00

 街を走る様々なトラックが手作りのペーパークラフトに――。大手物流事業者の車両はもちろん、地場の中小運送会社のトラックまで、きちんと作りこんで展示してある。中には、ボディーにGマーク(安全性優良事業所認定)を描き込んだPR車両も。広島県トラック協会(小丸成洋会長)が5月28日に開いた総会の会場に設けられた作品紹介コーナーの風景だ。  ペーパークラフトのトラックを作ったのは、広島市安佐南区在住の模型作家、伊藤輝政さん(39)。生まれつき心臓に障がいを抱えているため、ほとんどの時間を自室で過ごし、体調が悪くなると救急車を呼ぶこともあるという。7歳か8歳の時にテレビで映画「トラック野郎」を見て、巨大で華麗なデコトラに魅了された。幼少期の頃から誰に見せるわけでもなく、自室で30年間、作り続けてきた。  当初はデコトラが中心だったが、今は緑ナンバートラックからクレーン車、ショベルカーまで幅広い。雑誌やインターネットに載っている車両の写真を基に、実物の40分の1(25〜30センチ)の大きさで精密に再現。車体は工作用紙、光り輝く部分には台所用アルミテープを使用、タイヤはホームセンターで買った木材を原料に使い、ストローの軸を通して回るようにしている。プラスチックで作られたミニトラックに比べ、手作り感にあふれ、風合いが優しい。  障がい者のアート作品の公募展「アート・ルネッサンス」に出品したところ、3年連続で入選した。これまで通算700台以上を製作し、自室の2部屋は作品で埋め尽くされているという。  伊藤さんの作品が広ト協の総会で展示されたのは、ネストロジスティクス(迫慎二社長、広島市東区)のドライバーとの出会いがきっかけ。システムベッドを伊藤さん宅に配送・設置したドライバーが、伊藤さんから作品を譲り受け、写真を添えてお礼の手紙を出したところ、伊藤さんの父親と本人の連名で礼状が届いた。経緯を知った迫社長(53)は、自社でディスプレーを手作りし、会場に紹介コーナーを設けた。  総会の休憩時間には、コーナーに人だかりが絶えなかった。中には、自社トラックが立派な作品に仕上げられているのを見つけ、感激してスマートフォン(スマホ)で撮影する経営者もいた。  一つの作品を仕上げるのに1週間ぐらいかかるが、写真さえあれば1台1万円で製作に応じるという。(江藤和博) 【写真=作品コーナーを背にする模型作家の伊藤さん】





本紙ピックアップ

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

オススメ記事

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap