物流ニッポン > 沼尻産業、茨城・阿見に危険物倉庫 自社初 保管需要増へ対応
産 業
2021/10/12

沼尻産業、茨城・阿見に危険物倉庫 自社初 保管需要増へ対応

管理者用
物流ニッポン

 沼尻産業(沼尻年正社長、茨城県つくば市)は10月7日、阿見町で開発を進めていた25拠点目の施設「稲敷第一危険物倉庫」の営業を開始した。昨今のコンプライアンス(法令順守)意識の高まりを受け、危険物の保管需要が高まる中、2022年に創業60周年を迎える同社にとって初の危険物倉庫の運用となる。(谷本博)
【写真=阿見町の工業団地に開設】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト