物流ニッポン > 北海道下川町、タクシーで宅配機能維持 貨客混載も視野
行 政
2021/09/21

北海道下川町、タクシーで宅配機能維持 貨客混載も視野

管理者用
物流ニッポン

 北海道下川町で、タクシー会社による有償貨物運送の取り組みが進んでいる。2017年に創設されたバス・タクシー事業者の貨物運送緩和制度を活用し、町内の小売店の商品や、町民への宅配貨物を下川ハイヤー(佐藤基晴社長、下川町)が運ぶ。北海道立総合研究機構(道総研)の研究がきっかけ。国の支援制度も活用しながら、貨客混載も視野に入れる。町は交通インフラの維持や高齢者の生活支援、地域の活性化などの側面から期待を寄せる。(朽木崇洋)
【写真=町内の小売店の商品や、町民への宅配貨物を下川ハイヤーが運ぶ】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト