物流ニッポン > サンダーボルトインタラクティブ、実体験型VRで安全教育 コロナで引き合い増
産 業
2021/09/17

サンダーボルトインタラクティブ、実体験型VRで安全教育 コロナで引き合い増

管理者用
物流ニッポン

 サンダーボルトインタラクティブ(安田武史CEO=最高経営責任者、愛知県尾張旭市)が製作・販売する仮想実体験型交通安全VR(仮想現実)機器「Dri-VR(ドライバー)が、新型コロナウイルス禍で集合教育をするのが難しい環境にあるトラック運送事業者の間で注目を集めている。トラックによる事故や危険運転をリアルな演出で再現するとともに、被害車両や第三者視点から解説した映像も収録するなど、実体験により近い研修効果を期待でき、ニューノーマル時代の新たな教育ツールとして用途が広がりそうだ。(梅本誠治)
【写真=安全教育に活用している様子】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト