物流ニッポン > 気象協/悪天候時「危険性予測」、ICごと6日先まで ドライバーの安全確保へ
団 体
2021/09/14

気象協/悪天候時「危険性予測」、ICごと6日先まで ドライバーの安全確保へ

管理者用
物流ニッポン

 日本気象協会(春田謙会長)が独自の予測に基づき、物流事業者に悪天候時の道路の危険性を教える「GoStopマネジメントシステム」が好評だ。高速道路のインターチェンジ(IC)ごとに、どの程度のリスクがあるのかを段階別に表示。大雪や大雨時に有益な情報を提供して、ドライバーの安全を確保する。9月1日には、日本ロジスティクスシステム協会(JILS、遠藤信博会長)による、2021年度のロジスティクス大賞にも選ばれた。(土屋太朗)
【写真=JILSのロジスティクス大賞にも輝く(1日、右が寺田氏)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト