物流ニッポン > ケイアイエヌ、AI搭載DR全車導入 テレコム提供 管理高度化&負担軽減
物流企業
2021/09/10

ケイアイエヌ、AI搭載DR全車導入 テレコム提供 管理高度化&負担軽減

管理者用
物流ニッポン

 【埼玉】ケイアイエヌ(小西忠治社長、埼玉県深谷市)は、テレコム(堀越寛生社長、横浜市都筑区)が提供するAI(人工知能)搭載のドライブレコーダー(DR)を使った事故削減トータルプログラム「DR.(ドクター)ライセンス」の導入を決め、9月末をメドに100台規模の全車へ搭載する。一時停止違反や脇見、車間距離不足を自動検知する機能を使い、安全管理を更に高度化するとともに、これまでDRの記録映像を逐一チェックしていた、安全指導のための作業負担の大幅な軽減も見込む。(辻本亮平)
【写真=100台規模の全車に搭載(イメージ写真)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト