物流ニッポン > 日本郵船など、陸上支援センター公開 無人運航船 来年2月に実証
物流企業
2021/09/07

日本郵船など、陸上支援センター公開 無人運航船 来年2月に実証

管理者用
物流ニッポン

 日本郵船やグループの近海郵船(関光太郎社長、東京都港区)などは、2025年までの本格的な自律運航船の実用化を目指す「DFFASプロジェクト」の取り組みとして、陸上から無人運航船を支援するフリートオペレーションセンター(千葉市美浜区)を開設し、9月2日にメディア向けに公開した。22年2月には内航コンテナ船による無人運航船の実証実験を予定しており、同センターから船舶の監視や緊急時を想定した遠隔操船を検証する。(井内亨)
【写真=フリートオペレーションセンターから遠隔操作が可能】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト