物流ニッポン > ウエストユニティス、現場と管理者の視界共有 スマートグラス 撮影・録画も可能
産 業
2021/08/31

ウエストユニティス、現場と管理者の視界共有 スマートグラス 撮影・録画も可能

管理者用
物流ニッポン

 ウェアラブルデバイスの企画・開発・製造を行うウエストユニティス(羽生和之社長兼CEO=最高経営責任者、大阪市北区)が7月に販売を開始したスマートグラス「InfoLinker(インフォリンカー)3」を、大手物流会社が現場に導入しようとする動きが出ている。スマートグラスを装着した作業者の視界を管理者と共有でき、写真撮影や録画も可能なため、納品作業を遠隔で管理しつつ、荷物の状況を記録できるメリットが見込まれる。(辻本亮平)
【写真=バッテリーを頭部ではなく首元の機器に切り離し、作業者の負担を軽減】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト