物流ニッポン > エイトノット実証、小型船で日用品配送 離島へ 物流インフラ構築
産 業
2021/08/20

エイトノット実証、小型船で日用品配送 離島へ 物流インフラ構築

管理者用
物流ニッポン

 自律航行船を開発するエイトノット(木村裕人社長兼CEO=最高経営責任者、堺市堺区)は9月から、離島の日用品配送やゴミの搬出を行う実験を始める。他島まで買い物やゴミ出しに行かなければならない離島住民の新たな物流インフラ構築を目指す。将来的には、小型自動船舶による河川を利用した配送などで、水上輸送網の可能性を広げていく考えだ。(根来冬太)
【写真=実験に使用する自律航行船(手前)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト