物流ニッポン > ヒカリHD、大阪センター来月稼働 冷凍・冷蔵食品取り扱い
物流企業
2021/08/20

ヒカリHD、大阪センター来月稼働 冷凍・冷蔵食品取り扱い

管理者用
物流ニッポン

 ヒカリホールディングス(長田義光会長、岡山市北区)が建設していた大阪物流センター(大阪府寝屋川市)が8月2日に竣工し、9月1日から稼働する=写真。6階建て、延べ床面積は1万1900平方㍍(倉庫8900平方㍍、事務所3千平方㍍)で、同グループでは最大規模。グループ企業のハップ(同会長、岡山市東区)がヒカリHDから賃借し、冷凍・冷蔵食品の物流拠点として運営する。冷凍設備を充実させたのが特長で、1664パレットを格納できる冷凍自動倉庫(2400平方㍍)や電動パレット(冷凍庫5階)を導入。消費拡大が見込まれる冷凍食品の物流需要を取り込んでいく。(江藤和博)


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト