物流ニッポン > 東京都&東京港埠頭、混雑状況「見える化」 新システム実証事業
行 政
2021/07/16

東京都&東京港埠頭、混雑状況「見える化」 新システム実証事業

管理者用
物流ニッポン

 東京都と東京港埠頭(服部浩社長、東京都江東区)は7月7日、東京港の「コンテナふ頭周辺道路における混雑状況の見える化」の実証事業を開始する、と発表した。トラック運送事業者が運用する海上コンテナのドレージ車両に専用GPS(全地球測位システム)端末を搭載。全国で初めて、リアルタイムでコンテナターミナル(CT)への入退場に要する時間を公表し、海コンドレージ輸送効率化のための基礎情報を提供していく。実証事業は14日から開始する。(佐々木健)
【図=ゲート進入から通過までの時間をリアルタイムで計測】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト