物流ニッポン > 沢口産業、「とら豆ブリュレ」開発 売れ行き順調で来年度増産
物流企業
2021/07/06

沢口産業、「とら豆ブリュレ」開発 売れ行き順調で来年度増産

管理者用
物流ニッポン

 【北海道】沢口産業(吉田昌子社長、北海道湧別町)は、湧別町産のとら豆を使用したクリームブリュレ「とら豆ブリュレ」を開発し、6月から販売を始めている。販売初年度の2021年度は2千個を作ったが、1カ月経たずにほぼ完売するなど売れ行きは順調。22年度以降は増産する予定で、地元の新たな名産品として湧別町やオホーツク地域のPRにつなげる。(土屋太朗)
【写真=さくさくとした粉末状のカラメルソースをかけ】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト