物流ニッポン > 金曜リポート/コロナワクチン職場接種、物流業界でも広がり 打ち手確保など課題 
物 流
2021/07/02

金曜リポート/コロナワクチン職場接種、物流業界でも広がり 打ち手確保など課題 

管理者用
物流ニッポン

 新型コロナウイルスワクチンの職場接種に広がりが見えてきた中、政府は6月25日をもって申請の受け付けをいったん休止した。ヤマトグループ、SGホールディングス、セイノーホールディングス、福山通運といった物流大手は、既に政府への申請を済ませ、一部でスタートしている。一方で、接種の最小単位に満たない中堅・中小企業は、団体での合同接種を模索。都道府県トラック協会では、鳥取、佐賀、愛媛、徳島、熊本など7県が申請している半面、「打ち手」の確保や接種対象者の管理の難しさなどから、断念するケースも多い。こうした状況を受け、優先接種を地方自治体に要請する動きも広がる中で、今回の申請受け付けの中止により、エッセンシャルワーカーであるドライバーなど物流従事者の早期接種への不透明感が増している。(特別取材班)
【写真=鳥ト協は会員を対象にした職場接種を全国に先駆けて開始】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト