物流ニッポン > 働きやすい職場認証/大輪総合運輸、リフト・運転業務分担 「多能工化」で可能に
物流企業
2021/07/02

働きやすい職場認証/大輪総合運輸、リフト・運転業務分担 「多能工化」で可能に

管理者用
物流ニッポン

 大輪総合運輸(森本英樹社長、徳島県鳴門市)は、フォークリフト作業員(リフトマン)が希望すれば会社負担で大型自動車免許を取得できる制度を設け、社員の多能工化を進めることでドライバーと互いの業務を分担して労働時間の短縮につなげている。また、新型コロナウイルスのワクチン接種では、法定の有給休暇とは別に2日間の特別休暇を付与する方針。労働条件や職場環境を改善する中で、4月には働きやすい職場認証(運転者職場環境良好度認証)を受けた。今後もより良い職場づくりに注力していく。(江藤和博)
【写真=働きやすい職場づくりをリードする統括管理部の稲木氏㊧とドライバー】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト