物流ニッポン > 鳥ト協、働き方改革セミナー企画 標準的運賃届け出50%超
団 体
2021/07/02

鳥ト協、働き方改革セミナー企画 標準的運賃届け出50%超

管理者用
物流ニッポン

 【鳥取】鳥取県トラック協会は6月18日、総会を開き、役員改選で川上和人会長(70、川上運輸)の続投を決めた。属敏宏副会長(62、境港海陸運送)が退任し、後任に林義弘氏(55、日本通運山陰支店)が就いた。菅埜元晴(68、小鴨)、涌本知彦(54、因伯通運)の両副会長と、そのほかの理事、監事の全員が留任した。川上氏は「2020年4月に標準的な運賃が告示され、全国の運送事業者が届け出を行っている。鳥ト協会員の届け出率は3月末時点で数%だったのが、5月末には50%を超えた。運賃交渉は困難だが、荷主や消費者に理解され、魅力ある業界になるための糧になることを願う」と強調。経済団体などへの要望活動を、今後も続けることを約束した。(矢野孝明)
【写真=川上会長(右端)と(左から)菅埜、涌本、林の各副会長】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト