物流ニッポン > 「最賃目安」議論開始、コロナの影響焦点 政府「平均1000円」実現めざす
行 政
2021/06/29

「最賃目安」議論開始、コロナの影響焦点 政府「平均1000円」実現めざす

管理者用
物流ニッポン

 厚生労働省は6月22日、中央最低賃金審議会で、2021年度の最低賃金の目安を決める議論を開始した。目安は7月中にも決まる見通し。20年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえ、微増にとどまっていた。三原じゅん子副大臣は「より早期の全国加重平均1千円実現への第一歩となるよう審議をお願いしたい」と話した。コロナの影響が焦点となる。(伊代野輝)
【写真=目安は7月中にも決まる見通し】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト