物流ニッポン > 南日本運輸倉庫、次世代低温流通網を構築 DENBAと提携 氷点下で非凍結
物流企業
2021/06/29

南日本運輸倉庫、次世代低温流通網を構築 DENBAと提携 氷点下で非凍結

管理者用
物流ニッポン

 南日本運輸倉庫(大園圭一郎社長、東京都中野区)が、食品の次世代コールドチェーン構築を進めている。業務提携しているDENBA(後藤錦隆社長、千代田区)の技術により、氷点下でも凍らないチルド輸送を実現。高度な鮮度保持を実現するだけでなく、解凍時間の短縮による、リードタイムの圧縮効果もみられる。更に、輸送間の温度を常に可視化し、リアルタイムで調節できるシステムのトライアルも進めている。(辻本亮平)
【写真=DENBAの技術を備える佐野チルドフローズン物流センター】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト