物流ニッポン > 日本郵便/ドローン配送、ACSLに30億円出資 23年度メド実用化
物流企業
2021/06/22

日本郵便/ドローン配送、ACSLに30億円出資 23年度メド実用化

管理者用
物流ニッポン

 日本郵便(衣川和秀社長、東京都千代田)と日本郵政キャピタル(小野種紀社長、同)は6月15日、郵便・物流領域での連携強化を目的に、自律制御システム研究所(ACSL)と資本・業務提携契約を締結した。ACSLは郵便・物流の効率的なオペレーションを可能とする機体システムを開発し、日本郵便へ供給。2023年度をメドに、日本郵便によるドローン(小型無人機)配送の実用化を目指す。(伊代野輝)
【写真=ドローンを囲む衣川日本郵便社長㊨と鷲谷ACSL社長兼COO】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト