物流ニッポン > ADJ、小型・高出力エンジン開発 大型ドローン実用化へ
産 業
2021/06/11

ADJ、小型・高出力エンジン開発 大型ドローン実用化へ

管理者用
物流ニッポン

 エアロディベロップジャパン(ADJ、田辺敏憲社長、東京都中央区)は長時間の重量物輸送が可能な大型ドローン(小型無人機)の実用化に向け、高出力のエンジンを小型化できる、世界初のハルバッハ型ハイブリッドエンジンの開発を進めている。6月2日に栃木県鹿沼市で試作機による浮上試験に成功。これを受け、量産型のエンジンユニット及び機体の開発に着手し、来秋にも「50㌔の荷物を積載し、1時間以上飛行できるドローンの量産化を実現したい」(田辺氏)としている。(田中信也)
【写真=試作機、浮上試験成功】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト