物流ニッポン > 全ト協検討/外国人労働者活用、職種認定2本立て視野 大型車運転・運送業務
団 体
2021/06/01

全ト協検討/外国人労働者活用、職種認定2本立て視野 大型車運転・運送業務

管理者用
物流ニッポン

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、深刻化する労働力不足に対応した、外国人労働者の活用のための在留資格について、運転、荷役、庫内作業などを包含する道路貨物運送業務を「技能実習生」、高度な運転技能が求められるトレーラなど大型車両の運転を「特定技能」と、「2本立て」での職種認定を視野に検討を進める方針だ。5月26日の自民党政務調査会の外国人労働者等特別委員会(片山さつき委員長)で、桝野龍二理事長が説明した。(田中信也)
【写真=道路貨物運送業務について、桝野理事長㊧が「発展途上の国々の経済伸長に不可欠な物流の進展につながる」など説明】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト