物流ニッポン > 都港湾審長期構想部会、ヤード上屋を多層化 蔵置・作業エリア確保
行 政
2021/06/01

都港湾審長期構想部会、ヤード上屋を多層化 蔵置・作業エリア確保

管理者用
物流ニッポン

 東京都港湾審議会(工藤泰三会長、日本郵船特別顧問)の長期構想検討部会(根本敏則部会長、敬愛大学経済学部教授)は5月24日、会合を開き、内貿と在来貨物を取り扱う港湾施設の整備構想について話し合った。コンテナやシャシー積載などのユニットロード貨物について討議。RORO船の大型化によるヤード不足に対応し、ヤード上屋の多層化とともに、岸壁から後退させ、貨物の蔵置スペースや作業エリアを確保する構想を示した。(佐々木健)
【写真=都庁と部会員をオンラインでつないで開催】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト