物流ニッポン > 金曜リポート/コメ在庫30万㌧増、保管スペース確保急務 卸売業者、産地から移送も
物 流
2021/05/28

金曜リポート/コメ在庫30万㌧増、保管スペース確保急務 卸売業者、産地から移送も

管理者用
物流ニッポン

 豊作と新型コロナウイルスによる外食需要の低迷で、国内は近年に無い「コメ余り」となっている。農林水産省が発表した統計によると、全国の民間在庫量は3月末時点で前年と比べ31万㌧増の265万㌧。今年も深刻なコメの在庫スペース不足が予測されており、卸売業者は生産地からの移送など対応に追われている。一方、倉庫業者は「政府備蓄米の安価な料金では、要求される厳しい保管体制の維持は難しい」として、備蓄米保管から撤退するケースも出ており、先の見通せない状況が続いている。(原田洋一、佐藤陽、井内亨)
【写真=備蓄米保管から撤退する倉庫業者が相次ぐ】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト