物流ニッポン > とちぎ水素ステーション開設1年、利用増も物流費かさむ 丸伊運輸FCV実証 音の静かさ魅力
物流企業
2021/05/28

とちぎ水素ステーション開設1年、利用増も物流費かさむ 丸伊運輸FCV実証 音の静かさ魅力

管理者用
物流ニッポン

  【栃木】丸伊運輸(伊藤公一社長、東京都府中市)が「とちぎ水素ステーション」(栃木県栃木市)の運営を開始してから1年が経過した。燃料電池車(FCV)の新型車発売などを機に利用者は増えているものの、運用面では、千葉から水素を運ぶ物流費がかさんでいる。また、コンビニエンスストア大手と共同で1年間行ったトライアルにより、使用したFCトラックには車両の大きさなど改良の余地があることが分かった。水素ステーションとFCVの普及に向けた課題点を整理する。(伊代野輝)
【写真=月50~70台ほどが充填に訪れる】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト