物流ニッポン > 川崎陸送、クーラー導入し省燃費 労働環境を改善
物流企業
2021/05/25

川崎陸送、クーラー導入し省燃費 労働環境を改善

管理者用
物流ニッポン

 川崎陸送(樋口恵一社長、東京都港区)では、新車代替時にアイドリングストップクーラーとアイドリングストップヒーターを取り付け、燃費改善とドライバーの労働環境改善に役立てている。導入のきっかけは、同社が参加する東京都トラック協会(浅井隆会長)の環境対策事業「グリーン・エコプロジェクト」。同プロジェクトでは、ドライバーが走行管理表に毎月の給油量と走行距離を記入するとともに、「気付き」などのコメントを書いて改善につなげる。(吉田英行)
【写真=居住性を重視し、大型車はハイルーフに】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト