物流ニッポン > マースク、日本で物流機能強化 坂東ICDの輸送効率向上
物流企業
2021/05/21

マースク、日本で物流機能強化 坂東ICDの輸送効率向上

管理者用
物流ニッポン

 デンマークの海運大手マースクは、日本国内における物流機能を強化している。2019年に開設した坂東インランド・コンテナ・デポ(ICD、茨城県坂東市)の稼働率を高めて輸送効率化を図るほか、DX(デジタルトランスフォーメーション)による顧客側を含めた省力化を推進。これに加え、環境負荷低減に向けた取り組みも強化していき、今夏の事業化を目標にバイオディーゼル燃料トラックによる輸送サービスを展開する計画だ。(井内亨)
【写真=輸送効率向上に向けて開設】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト