物流ニッポン > 中部国際空港/前期、貨物取扱量40%減 スペース確保できず
物 流
2021/05/21

中部国際空港/前期、貨物取扱量40%減 スペース確保できず

管理者用
物流ニッポン

 中部国際空港(犬塚力社長、愛知県常滑市)は5月14日、2021年3月期の決算を発表した。国際貨物取扱量は10.3万㌧と前の期比39.9%減だった。新型コロナウイルスの流行で、国際旅客便の運行がほぼゼロとなり、貨物スペースの確保ができなかった。東京都で開いた決算説明会で、各務正人副社長は「中部を経由する商流をつくり、航空貨物の振興につなげる」と語った。(土屋太朗)
【写真=「貨物への取り組みも進めていく」と各務副社長】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト